スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中部チューブレス友の会

2006年09月05日 12:20

Moto1ライダーのopb選手がマルケジーニのHP上でコラムを連載していますが、今の最新記事は「スーパーモタードにおけるホイールを考える。」です。

当然、Moto1ライダーですからレースユースとしての考察なわけですが、他人のフンドシならぬコラムをベースに街乗り&ツーリングにおけるホイールを考えてみました(かなりコジツケ)

1)価格
・・・いきなりキャストに分が悪いdeath(汗
フツーは最初っからスポークですしね。
オフ車を17インチに変更する場合に新品パーツ使って考えると、意外と価格差は少ないかもしれませんよ。
2)バランス
ボキの今つけてるゲイルもバランスウェイトは5から10グラムくらいです。鍛造&全面切削という製法もあってかかなり少ないと思います。メーカー純正のロード用ホイールだともうちょっと多いかな。
スポークの場合、ウェイト付けなかったりもしますし、たわみもあるんでバランスとりにくいのかも。
3)耐衝撃性
・・・まMXコースとか走らなきゃよっぽど大丈夫かなと。
4)ハブダンパとチューブレス
これは個々のホイールの構造とかにもよるんで(ゲイルはダンパーごとスプロケは抜けないと思うけど・・・つか街乗りだしww
チューブレスはツーリングなら間違いなくおすすめです。夏休みのツーリング中に釘が刺さってるのを確認後3日間くらい(延べ150Km)そのまま走ることができました(※良い大人はマネしないように)し、修理代も1000円ですみました。

ついでにいうと、軽量なメリットてのはへっぽこなボキではあまりわからなかったんですが(汗、剛性向上による切り返しのしやすさてのはちょっと走っただけでもわかりました。
6)最後に
カッコイイのは間違いないでしょ。
掃除のしやすさは比べ物になりませんwww
Dトラのハブは塗装なしなんですぐ粉ふいちゃうし、スポークについたブレーキダスト?は以外と落ちにくい。その点キャストなら普通に塗装面の掃除だけですむし、掃除しやすい→マメにみがく→汚れがつきにくい、と良いことづくめです。

Dトラならではのデメリット?として
社外ホイールは大抵リアリムが4.5インチなんですが、ノーマルのスイングアームだと履けるサイズ幅が150だけになってしまう(140でひっぱっても履けますが、バンク角が浅くなってしまうので)ということがあります。K&TさんのキットでCBR/JADEホイールならリア4インチですから、タイヤの選択肢はこちらのほうが多いです。

これを読んだあなたもキャストホイールにしてみよまい(結局ムリヤリwww
041227_mtd_bk2.jpg

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://matsunoji2003.blog66.fc2.com/tb.php/20-ba31f38b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。